グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


職員インタビュー

ホーム > 職員インタビュー > 職員インタビュー Vol.07

職員インタビュー Vol.07


みのり訪問看護ステーション高津 竹田大介さん

仕事に就いたきっかけ、志望動機は?

学生時代のゼミで地域看護について学んでいました。ご利用者様とご家族の方の関わり方について教授から話を聞いたことが、そもそも訪問看護師を目指す最初のきっかけでした。
勉強をしている中で、看護師としてのご利用者様や地域に対しての関わり方が看護観として根付いていきました。
その後、当時の所長と出会い、誘われたことが入職のきっかけでした。特に印象に残っていることは”ご利用者様に「看護師さん」と呼ばれるのではなく、「山下さん」と呼ばれるような看護師さんになれますよ”と教えてもらい、その点がすごくやりがいになると感じたことです。まさにそれが入職する大きな決め手となりました。

病院の看護師と訪問看護師の違いは?

訪問看護師は利用者様のご自宅に単独でお伺いし、環境が整っていない中での看護業務を行う仕事です。周りに誰もいない状況なので相談や対応の交代が難しいという点が事実として大きな違いになります。
(質問:未経験者には難しい?)一概に難しいということはないです。現に未経験から当訪問看護ステーションに入職している職員も活躍しています。看護師としての新卒の方は法人として複数の事業所を持っているので病院や介護施設があるのでそちらで経験を積んでからという手段もあります。
当訪問看護ステーションでは、病院との違いに慣れていただくまでに、すぐに駆けつけられる状況を作ってサポート体制を作ったり、訪問中は所長がいつでも連絡を取れるようにし、電話でのフォローができる環境があるので安心して訪問看護の中に飛び込んでこれると思います。
今後は精神疾患に対しての知識やアセスメント、訪問での介入方法をフォローアップできる体制を構築中です。