グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


職員インタビュー

ホーム > 職員インタビュー > 職員インタビュー Vol.06

職員インタビュー Vol.06


みのり訪問看護ステーション高津 竹田大介さん

仕事に就いたきっかけ、志望動機は?

私は、化学と数学が好きだったので、好きな科目が活かせる学校を探していました。その中でも、研究職に興味があったこともあり、化学に特化した学部ということで、薬学部を選びました。元々研究職に興味があったので、最初は薬剤師になろうと思ってはいませんでした。
しかし、実務実習で指導してくれた教授から、薬剤師として患者さんと関わる面白さを教えていただいて、自分もそこに興味を持って仕事としての面白さを感じました。教授のおかげで、新しい薬を作る創薬だけではなく、調剤で患者さんに貢献できるのも薬剤師にしかできない仕事だとあらためて意識したことが薬剤師を目指すきっかけになりました。

「薬剤師」という仕事と、現在伊豆平和病院で行っている業務について教えてください

私は、主に調剤業務を担当しています。入院患者さんの定期処方や臨時処方の調剤について内服薬を担当しています。医師のオーダー(薬の組み合わせ)通りに、患者さんが一回で飲む量毎に分包機という機械を使って一回分ずつ袋に入れています。
錠剤分包機は既に良く使用する薬が何種類もセットされているので、パソコンからオーダーを送れば自動的に出てきます。ただセットに無い薬は、手動でセットするケースに入れてオーダーを送ることで、分包化することができます。看護師さんがひと目で分かる用に、袋への患者さんのお名前や用法なども印刷指示をします。
定期処方はスパンが2週間単位なので、2週間分の薬を病棟毎患者さん毎に調剤業務を行っています。臨時処方はその都度、医師からの依頼により調剤を行い、すぐに病棟へ渡します。
伊豆平和病院は、新棟の建て替えと同時に、新しい分包機(散剤分包機、錠剤分包機)を導入していただいたので、大変便利になりました。
薬剤師の人数が充分ではないため、まだ自分は関わりが少ないのですが、仲間が増えたら、今後は服薬指導も担当していきたいと思っています。

業務を行う際に心がけられていることは?

薬は口から入るもの。衛生面には特に気をつけています。また、同じ薬でも規格が細かく別れており、調剤で間違えることのないよう充分注意しています。
DI(ドラッグインフォメーション)業務では、新規採用薬の情報を電子カルテに登録するのですが、新しい薬は、注意すべき事項も多く、しっかりとした情報を登録することが必要です。新たな知識のための自分の勉強もかかせないところです。
入院患者さんは、嚥下ができる人がばかりではないので、どのように薬を飲んでいただくかというところも苦労することがあります。
様々な悩みや相談事は上司や同僚とよく相談して解決しています。

仕事での一番の喜びは?

患者さんから、あなたのおかげで症状が良くなったよ。と直接言われるととても嬉しく思います。今はまだ薬剤師の人数が少ないこともあって、関わる事が多くはないですが、今後は服薬指導もどんどん担当していきたいと思っています。より多くの患者さんの症状を改善するお手伝いをしていきたいと思っています。

職場のいいところは?

伊豆平和病院に来て印象深いことは、スタッフ同士の距離が非常に近いということ。様々な相談ができるし、院内の風通しがよく、若手の意見でも臆することなくどんどん言っていいという雰囲気があります。
また、医師との距離も近く、薬や症状に関して様々なことを教えていただいています。
ある先生とは、卓球仲間で、院内の職員用娯楽スペースに置いてある卓球台で業務時間外に練習を行っています。

求職をされる方に先輩からのメッセージ

基本的に勤務が9時から5時までなので、アフター5の時間がゆったりとれます。家族との時間や、自分の趣味の時間に充てたり、勉強の時間に充てたりと、ワークライフバランスがしっかりしていて、働きやすいのが特徴です。
ベテランさんも多く、様々なことを学べるけれど、大病院ほど敷居が高くない印象です。