グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


職員インタビュー

ホーム > 職員インタビュー > インタビュー1

インタビュー1


仕事に就いたきっかけ、志望動機は?

経営学を学ぶ大学に4年通っていたのですが、本当に自分がやりたいことがわからなくなった時期がありました。自分ではなかなか答えが見つからないので、将来や進路について、父に相談したことがありました。
父は「人と関わる仕事が看護師とか医療の道が向いているんじゃないか」と助言してくれ、大学を卒業した後、改めて看護学校に通い勉強をすることにしました。

精神科を志した理由は?

看護師と言っても様々な分野があります。患者さんが生死の境にあり常に1分1秒を争う科もありますし、人間なら誰でもかかったことがある一般科まで様々です。
これらの中で、精神科というのは「体を看る」というより「心を看る」ことのほうが多い仕事で、そこに私は惹かれました。
精神科では、患者さんとの接し方、関わり方、会話の仕方一つによって症状が良くなったり悪くなったりもします。つまり、コミュニケーションが最も大事な仕事です。
実労働としては食事を配ったり、お薬を渡したり、おむつを交換したりと様々なのですが、どの場面でも常に患者さんと向き合い、どんな状況であっても冷静に患者さんが良くなるよう働きかけることが大切です。容易なことではありませんが、それらのことで、患者さんが良くなり、自分自身も向上できる素晴らしい仕事だと自負しています。

仕事での一番の喜びは?

私が働く病棟は、急性期の患者さんが多いところで、体を壊した患者さんが最初に病院に入られる入り口です。ですので、ときには最初の入院から、最後の退院までを支援させていただく機会もあるのですが、このときはすごく嬉しいですね。
入院された頃は不安定だった患者さんが、徐々に元気になり、また隠れていた「その人らしさ」みたいなものが見えてきたときも本当に嬉しいです。
少々おこがましいですが、「これまでの働きかけが良かったのかな」と振り返り、達成感や喜びを感じることもあります。

就職先を医療法人新光会を選んだ理由は?

看護学校での学生時代、様々な病院に行って実習をさせていただく機会がありました。そこでは病院の雰囲気も同時に見ることが出来ます。
それまで私は医療の現場は「堅い」という先入観を持っていたのですが、生田病院(医療法人新光会)の現場は、スタッフの皆さんが常にコミュニケーションをとり、明るい雰囲気がありました。先ほど言ったように患者さんとのコミュニケーションが大事な仕事だからこそ、スタッフ間はそれ以上に和やかなのかなとも思いますが、そこが最も惹かれたところです。
あと、就労面での魅力は残業がほとんどないところも魅力でした。医療の現場と言うと、やはり「残業続きで大変」というイメージがありましたが、当院ではほぼ定時で帰ることが出来ます。ワーク・ライフ・バランスに優れていて、仕事と生活でのオン・オフを簡単に切り替えられるのも当院の魅力の一つだと思います。主婦の方も多く働いていますが、きっと残業がなく働きやすいからだと思います。

求職される方にメッセージを

病院も会社も同じだと思いますが、なんらかの組織に1人で入るとき、人間関係の面で「打ち解けられるかな」「みんなとやっていけるかな」と誰でも不安に思うはずです。
しかし、当院は大丈夫です。これまでお話した通り、働く皆さん仲が良いですし、精神科という特性もあってでしょうか、スタッフは皆常に冷静で、感情的になる方はいませんので。

これからの仕事を通しての目標や夢は?

この春から訪問介護もやらせていただくようになりました。ご自宅で生活されている患者さんの服薬の確認、お家での状況などを見にうかがうのが主な仕事なのですが、そこで気付いたことがありました。
入院病棟ですと、ある程度生活リズムが決まっていて患者さんのほとんどが同じような時間軸で1日を過ごされます。しかし、ご自宅ですと患者さんによってそのリズムは個々によって本当にバラバラなんですね。
そこで改めて思ったことは「もっと患者さん1人1人に向き合わなければいけない」「改善に対して、寄り添っていかないといけない」ということでした。
特にこれからは在宅療養もさらに増えてくるでしょうし、患者さん個々への向き合い方がさらに問われる時代になると思います。
そういった意味で、今後の目標としては、より個々の患者さんに向き合い、学び、高度なプロフェッショナルになりたいです。
それが出来たとき、さらに多くの患者さんの笑顔を見ることが出来るのではないかと思いますし、私自身も大きく成長できるのではないかと思っています。

一日の流れ

日勤Day [9:00~17:00]

8:30 出勤 準備・情報収集。
9:00 申し送り 夜勤帯からの情報収集。
9:30 ラウンド・看護ケア 検温・患者さんの状態に合わせた保清、処置。点滴確認・準備。おむつ交換、
入浴介助。記録。
入院受け、退院対応。転入、転出対応。
11:45 昼食準備・配薬 食前薬与薬・注射。必要に応じて経管栄養・食事介助。昼食後薬与薬。
休憩 スタッフ1時間交代で昼休憩。
13:45 ショートカンファレンス 指示変更などの情報共有。ケースカンファレンス。
14:00 ラウンド・看護ケア 処置・検査。生活指導。院内散歩対応。記録。
入院受け、退院対応。転入、転出対応。
16:30 リーダーへの申し送り 受け持ち患者の情報などまとめ、日勤リーダーへ送る。
17:00 勤務終了

夜勤Day [17:00~9:00 ]

16:30 出勤 準備・情報収集。
17:00 申し送り 日勤帯の患者さん情報収集。
18:00 夕食配膳・配薬 食前薬与薬・注射。必要に応じて経管栄養・食事介助。夕食後薬与薬。
18:30 ラウンド・看護ケア 検温・患者さんの状態に合わせた処置。点滴確認・準備。排泄ケア、記録。
休憩 スタッフ交代で夕食。
20:00 ラウンド 患者さんの状態把握、ステーション対応。
21:00 就寝前薬 与薬 排泄ケア。イブニングケア。
21:30 消灯
22:00 記録・ラウンド 点滴準備。朝薬準備。隔離室、4床は1時間毎、拘束者は30分毎に巡回と記録。
翌日準備・休憩 外出・外泊準備。入院、退院、転出準備。スタッフ交代で夕食。交代で2時間ずつ休憩。朝食も交代ですませる。
6:00 ラウンド・看護ケア 排泄ケア。モーニングケア。
7:30 朝食配膳・配薬
8:30 夜勤リーダーへ申し送り
9:00 勤務終了